恢徳堂のイオシフさんのブログ

MarkdownエンジンをKramdownに変えました。

March 16, 2016

MarkdownのエンジンをKramdownに変えました。

きっかけは、KramdownのGFMサポートでした。

GFMサポートによって、GitHubでもGitHub PagesのMarkdownエンジンをKramdownに切り替える旨のアナウンスを発表しています。これにより、5月1日以後はGitHub PagesではMarkdownのエンジンはKramdownのみのサポートになるようです。

ということで、当BlogでもMarkdownエンジンをKramdownに変更することとしました。

Kramdownの設定

とりあえず、config.rbでの設定は以下の通りにしています。

set :markdown, input: "GFM", hard_wrap: true, header_offset: 1

以下テスト

http://huideyeren.info/

tables

hoge piyo
foo bar

単語の中のem

hoge_piyo_huga

取り消し線

hogehoge

TOC

HTMLにアンカーがあればTrue

上付き

2^nd Children

バッククオートで囲むスタイルのコードブロック

puts "Hello, World"

改行

ああああ
いいいい
うううう

脚注

ああああ1あああああ

結論

個人的には脚注と属性の追加が使えるのでKramdownの方がよいと思います。

なお、h1タグが多すぎるのはいかがなものかという個人的な理由で、header_offset1にしてます。

ただし、どうも上付き、下付きがうまくいかない模様です。
まあ、あまり使わないので問題はないかと思います。

追記

https://github.com/gettalong/kramdown/issues/41

これによると、Kramdownの上付き・下付きは未実装のようです。

v2.0.0での実装を目指すようです。

  1. あああああ